イベントレポート
2022年10月06日

ドーム映像体験発表会

●イベント概要
 2022年9月19日(月・祝)にまるちたいけんドームで、「ドーム映像体験観賞会~360度カメラで撮影した映像を楽しもう~Part2」の発表会を実施しました。前回は5月15日に実施いたしましたが、ご好評をいただきまして、第2弾の開催となりました。
 本イベントは、株式会社リコーから発売されている「RICOH THETA」と呼ばれるカメラを使って、まるちたいけんドームの大スクリーンに映して写真や映像を楽しむ内容です。
 そもそも、このTHETAはどういうカメラなのかというと、魚眼レンズと呼ばれる超広角に映せるレンズが表と裏にそれぞれ搭載されており、なんと一度に上下左右前後・360度全方位を撮影することができるカメラなのです。
 THETAで撮影した360度の写真・映像はスマートフォンやパソコンでも確認することができますが、360度なので画面上を指でスワイプしたり、マウスで操作したりして確認する必要があります。
 これはこれで楽しいのですが、まるちたいけんドームは東京23区内で一番大きいプラネタリウムで、前方から後ろまで全天周スクリーンが広がっています。ここに、THETAで撮影した写真や映像を映し出すと、迫力のある映像体験をすることができるのです。
 普段、まるちたいけんドームでは星空の解説番組やアニメ等の映像番組を投影していますが、上記のような使い方もできることを多くの方に知ってもらうことがこの企画のコンセプトとなっています。

本番スタート
 今回は2組の方に発表をしていただきました。様々な写真や映像を撮っていただき、それをドームで映すとどのように見えるのでしょうか。

【1組目】
1119_1組目.png
▲東京タワーを真下からTHETAで撮った様子
 主に東京タワーに行ったときの様子を撮影してもらいました。東京タワーを真下から臨む写真はドームスクリーンに映すととても迫力がありました。
 東京タワー内で行われたプロジェクションマッピングやイルミネーションの写真なども撮られて、鮮やかな様子もドームスクリーンでキレイに映し出されていました。

【2組目】
2組目.jpg
▲石碑の上に横たわるネコ
 2組目の方には様々なバリエーションの写真を撮ってきてもらいました。
 ・浜辺でバレエのポーズを行っている様子
 ・ダンスを行っている動画
 ・ネコがたくさんいる島に行った様子
 ネコが石碑の上に横たわる姿はなんとも微笑ましかったです。

ギャラクシティ職員の作品
満開の桜.jpg
▲満開の桜の様子
 残った時間でギャラクシティ職員が撮った写真や動画をご覧いただきました。
 ちゃれんじコートから撮ったタイムラプスの雲の流れ、鎌倉の大仏、花の様子や昆虫のどアップ、最後に満開の桜の様子を投影しました。ドーム空間いっぱいに拡がる桜の様子はドームの中で花見ができてしまうほどでした。

総括
 写真が次々と表示されるたびに、会場にお越しになられたお客様から「わぁー」と声が上がり、とても好評をいただいたようです。
 近々、第3弾の企画もあるかもしれません。決まりましたらホームページ上に掲載いたしますので、ご興味ございましたらぜひご参加ください!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube